石の上にも三年なんてする必要ない。無理せずあなたの好きなことをすればいい。

 
こんにちは。
 
リリです。
 
 
日本には
とても有名な諺(ことわざ)として、
 
「石の上にも三年」
 
という諺がありますね。
 
 
ただ、私は、個人的に
 
「石の上に三年なんて一切しなくていい」
 
と思っています。
 
 
と言うのも、
嫌なことや自分に向いていないことを
何年も何十年も続けるよりも
自分に合わないところはさっさと離れて、
自分の輝ける場所を探したほうが、
自分にも周囲にも良い影響を与えると思うからです。
 
 
でも、日本には、
この”石の上にも三年思想”が
結構、根深く根付いているように感じます。
 
 
私自身も、周囲に
 
とりあえず3年は続けなさい。
 
と頻繁に言われて育ってきた影響で、
ともかくなんでも3年は続けるべきなんだ。
と思い込んで生きてきました。
 
 
ただ、私の経験上、
嫌なことをひたすらにただ
耐えてやっていた期間よりも、
自分の好きなことを
ひたむきにやっていた期間の方が、
学びや成長の機会というのは遥かに多かったです。
 
日々の楽しさ・充実度というのも
好きなことをする日々と
嫌なことを根性でやる日々では、
はるかに違っていました。
 
 
楽しいこと・好きなこと・使命感を
感じていることをやっている時間は、
たとえ困難が訪れたとしても、
乗り越えよう!やってみよう!そんな気になるものですが、
ただひたすら嫌なこと、向いていないことの場合、
苦しく心も疲労していくばかりです。
 
 

それぞれに輝ける場所がある。

 
人にはそれぞれ向き不向きがあり、
それぞれの才能があります。
 
だから、合わない場所は離れていいし、
楽しい場所なら自然と
継続できるものだと思うのです。
 
 
ただ、冒頭でお伝えしたように、
”石の上にも三年思想”は私自身がまさに、
強烈に持ち合わせていた思い込みでもあります。
 
 
その影響で、社会のシステムに
なかなか馴染めずに、
3年未満で職場を辞めてしまう
自分を責めていたこともありました。
 
 
逆に嫌でたまらなくても、
無理に根性論で頑張ってしまった時期も
ありました。
 
そんな日々は
当たり前に楽しくなかったし、
自分に向いていないことをしていた時は、
 
仕事、今日も早く終わらないかな…。
 
と思って、日々過ごしていました。
 
仕事が楽しくて生き生きと
仕事をしていた人と比べたら、
やる気のない社員だったと思います。
 
 
でもそれって、冷静に考えたら、
 
単に私にはその仕事が向いていなかった
 
ってだけの話だったんです。
 
 
逆に今こうして日々行なっている、
文章を書いたり、心のこと・精神世界のことを
考えたりするのは好きなんです。
 
 
だから、誰に頼まれずとも
日々、考えたりして、
こうして文章にしたりするし、
継続することも別に苦ではありません。
 
 
でも、逆にこういった仕事が
ひたすらに苦痛でたまらない
という人も中にはいるでしょう。
 
(もちろん、私も日によっては、
全く何のやる気が出ない時もあるので、
そんな時はただぼーっとして、
そんな時間も許してあげています。)
 
 
結局全ては、
 
好きか嫌いか、
 
向きか不向きか、
 
それだけなのです。
 
 
世の中には、
文章を書くのが好きな人もいれば、
絵を描くのが好きな人
身体を動かすのが好きな人もいる。
 
家を設計するのが好きな人もいれば、
家を組み立てて実際に
作るのが好きな人もいる。
 
家の中のインテリアデザインを
考えるのが好きな人もいる。
 
計算が得意で理論的な人もいれば、
直感が優れていて感覚で生きる人もいる。
 
支えられるのが好きな人もいれば、
支えるのが好きな人もいる。
 
 
結局、それぞれが好きなことをやって、
ありのままに輝けば、
それぞれが足りない部分を
補い合えるようになっていると思うのです。
 
 
だからこそ、
無理して苦手なことを根性論で
3年以上続けるよりも、
合わないことは数ヶ月ででも辞めてしまって、
自分のあうことや好きなことを
さっさと探しに行ってしまえばいいんです。
 
 
時には、
 
始めはワクワクして始めたはいいものの、
なんか思ったのと違った…。
自分には向いてなかった…。
 
そんなこともあるでしょう。
 
それもまたそれでいいのです。
 
そんな時も「一旦始めたことだから」と、
無理に続ける必要は一切なく、
気楽に構えて
次のワクワクや情熱を
探してみればいいのです。
 
 
 
ただ、そうすると
 
「じゃあ、お金はどうするんだ?」
 
「養う家族がいる。」
 
そんな結論に行き着いて、
行き詰まってしまう人もいるかもしれません。
 
 
そんな時は、
自分の好きを追求するのか、
ただただ、生活の為に生きるのか、
自分でその重要度を天秤にかけて、
自分で決める他ありません。
 
ただ、
 
生活のためにも今の仕事を続けながら、
少しづつ、自分の本当にやりたいことも
実際にやり始めてみる。
 
という選択肢もあるでしょう。
 
 
その選択はどこまでも
本人の自由です。
 
 
私自身も、
 
好きなこと始めたはいいものの
お金がない…。
 
なんて期間もありましたが、
 
「生活費がない間は、
実家に住んで、バイトすりゃいいや。」
 
という結論に至りました。
 
 
もちろん、外側の世界の人たちには
そんな状況を批判されたり、
心配されたりすることもありましたが、
大切なのは外側の評価ではなく、
自分自身の素直な感情、だったので、
せっかくの人生、
私は自分の本当に好きな道を行く
と決めたのです。
 
 
この選択はどこまでも自分の自由です。
 
ただもちろん、
その責任は自分自身で
負うことになります。
 
でも、私は
リスクを負わずに生活の為に生きるよりも、
多少のリスクを負っても
自分の本当にやりたいことをやる人生の方が、
はるかに楽だし人生の輝きも随分と違うと感じます。
 
 

私の母の輝ける場所。

 
 
今回のお話の例として、
非常にわかりやす例が、私の母です。
 
 
母は以前パン屋さんに
勤めていたことがあったのですが、
その当時はいつもミスを指摘されてばかりで、
一生懸命仕事をしてもなかなか
結果が出ずに苦しかったそうです。
 
でも、違う会社に転職して、
販売営業の業務をするようになってからは、
お金を払ってでも学びたかった『NLP』を
仕事でお給料をもらいながら学べる!
と、とても喜んでいました。
 
そして、母は販売影響の仕事へと
転職したことによって、
過去の仕事の時と比べ物にならないくらい
すごく生き生きとしだし、
結果、なんと業績が
全国で1位になったそうです。
 
 
これには私もびっくりしましたが、
本当に自分の向いていないところは、
まさに、仕事は無理に根性で続ける必要はなく、
自分の向いている場所を探して、
そこで輝けばそれでいいんだと、
改めて感じさせてくれる出来事でした。
 
 

まとめ

 
と言うわけで、今日は
 
何でもかんでも
石の上に三年しなくていい。
自分の好きなこと、
向いていることをすればいい。
 
と言う話をさせていただきました。
 
 
ただ、そうは言っても、
自分に向いている仕事が
すぐに見つからないことも
あるかもしれません。
 
 
私自身も今まで
色んなバイトや仕事をしては
その度に、自分には合わない…と、
様々な職場を転々としてきました。
 
当時はそんな自分を責めましたが、
今、思い返せば、
 
あれあれでよかった。
 
あの時、自分の気持ちにちゃんと向き合って、
正直になった自分がいたからこそ、
今の自分がいる。
 
とそんな風に思います。
 
 
また、そんな三日坊主な私が
唯一、長期間継続できたのが趣味ブログで、
これは誰に言われずとも、
誰に報酬をもらえずとも、
7ー8年続けていました。
 
好きなものならそんな風に
勝手に続いちゃうんもんなんですよね。
 
 
そして今、その趣味が、
間接的にでもこうして
情報発信につながっていると思うと、
なんだか面白いです^^
 
 
過去にそれだけ好きでブログを続けていたので、
情報発信することに対しても、
なんの違和感や抵抗もなく、
始めることができたので。
 
 
 
何にせよ、本当に大切なのは、
 
外側の意見ではなく、
自分の魂の正直な本音
 
です。
 
 
外側の意見に左右される人生よりも、
自分に正直な人生の方が
人生の後悔はうんと少ないはずです。
 
 
だからこそ、
好きなことをしましょう。
 
自分の本当にやりたいことをしましょう。
 
その時、思いつく範囲でいいので、
好きなこと・情熱を感じるものをしましょう。
 
 
今日も応援しています^^
 
 
 
リリ
 
 
【特典付】人生好転の為の在り方メール講座(無料)


こちらの無料メルマガでは

心の在り方の変革によって人生を好転させる方法

自分の内面の具体的な磨き方、
精神世界の真実など、
人生が”直接的に好転するような”
スピリチュアルな情報を 日々、配信しています^^


また、現在はご登録特典として、

人生を好転させるために重要な心がけ、
心が愛で満たされるハートフル実話、
全て実話の本当にあった引き寄せEP集
世界の賢人の珠玉の教え動画、

などに関して、
余すことなくシェアしている
読者限定サイト「幸福の図書館」にも
ご招待しています^^

この「幸福の図書館」では、
計60000文字ほどの文章コンテンツに加え、
7つの映像コンテンツをプレゼントしています。

ご登録直後に届くメール上で
こちらのプレゼントを
全てお受け取りください。


「幸福の図書館」に入館し、講座を学ぶ。

お名前
メールアドレス

※いただいた個人情報はプライバシーとして
保護させていただきますので、ご安心ください。

関連記事

核とパラレルワールドとモアナ

時に人生には、なーんにもしない時間だって大切。

[慈悲の力]大分県中津市の五百羅漢寺と青の洞門に行ってきました^^ 慈悲の創造物...

実証済 なぜかうまくいく運の良い人の在り方 現実的に開運する方法

本当に求めていたのは”正しさ”ではなく心の平穏。

絶望人生をチャンスに変えてくれたフランクルの学び2 斎藤啓一 フランクルに学ぶ ...