「”逆境”絶望を人生最高の学びに変えた」心のヒーラー リリの活動理念&ストーリー

「Heal your life」へようこそ。


初めまして。

リリです。

 
この度は私、リリのホームページに
お越しいただきありがとうございます^^
 
 

当サイトは

「非二元の無条件の愛の道へと進み、
心の在り方を変えて”真の平安”な境地で、
幸福で満たされた人生を送ろう。」


ということをテーマに
日々、精神的な智恵やスピリチュアルについての
様々な情報発信を行なっています。

参考:インナーチャイルドってなに?どんな存在?

もしかすると、
非二元の無条件の愛であったり、
”心のあり方”であったり、
”真の平安”という言葉に関して「?」となる方も
多いかもしれません。

非二元の無条件の愛とは


純粋な非二元的な世界とは、
二元ではない世界。

二元的な世界とは、
闇があれば光があり、
白色があれば黒色があり、
楽しみがあれば悲しみがある

というような
陰陽のコントラストの世界です。

それに比べて非二元的無条件の愛は
スピリットの純粋な一体性(ワンネス)であり、
悪や罪などの存在しない”愛”のみの境地です。

言い換えれば、「神の愛」と呼べるでしょう。

心のあり方とは


心のあり方とは

「自分の人生に対しての態度」

です。

日々、何気なく過ごしていても、
常にその人が示す”全ての態度”は
自分自身とは何者なのか、
どんな人物であるのかを
決める役割を担っています。

そして、この日々の心の態度は、
自身の心の傷が大きく左右しており、
心の癒しが進めば進むほど、
その人の態度は自然と
愛あるものに変わっていくのです。

”癒しこそが全て”
いっても過言ではありません。

もし、人生で「道」を逸れた時、
人は誰でもこの”在り方”によって
人生の起動修正が行えるのです。


真の平安とは


そして、私のお伝えする”真の平安”とは、
どんな状況でも自分の心が穏やかで、
平安である境地のことを指しています。

多くの人は、安心という意味での
平安を得るために、必死になって
お金や家族を求め環境を整えます。

それ自体は決して
悪いことではありません。

ですが、

それら要素の何か1つでも崩れた途端
一気に心が平安ではなくなる。

もしくは、
外界でトラブルが起きるたびに
自身の平安が脅かされる。

そんな人が殆どではないでしょうか?

”真の自由・平安とは何か”を探求するうちに、
私はそこに真の自由はないと感じました。

結局、不安を基盤に安心を求めても、
外界の影響に支配され、
本当の安心など決して手に入らないのです。

じゃあ一体、真の平安とは
どこにあるのだろう?

探求の末、私は

真の平安、真の自由とは、
どんな状況でも平安でいることであり、
それはつまり、「悟り」とも言える
究極の心を開いた形であり、
二元的なこの世界の光と闇を超えた
純粋な非二元的な愛の境地にある

と気づきました。


どんな状況でも平安でいるというのは、
まさにその言葉の通りで、
ある悟りの本の中に、

たとえ戦火の中にいたとしても平安な境地。

と書いてあり、私は
とても心を打たれました。

戦火の中でも平安。

それはつまり、
どんな外界の世界にも、
決して自身の心を支配されない
真の自由の境地です。


そしてその境地に至るために
決して苦行などを行う必要はなく、
その鍵を握っているのは、
「妥協のないゆるし」であり、
それこそが心の真の平安と自由の境地であり
「深い癒し」に繋がっている、と
世紀の名著、「奇跡講座」は
私に教えてくれました。



…ただ、そんな大切な「心」なのに、
ほとんどの人が日々、この部分を
意識せずに生活しています。

むしろ、心をないがしろにして、
自分を含め、あらゆるものを許さずに
自尊心を傷つけたり、
自分を
傷つけてしまっている人だって
少なくありません。

多くの人が潜在意識に溜まっている心の傷を
何十年も再生してしまっている状態なのです。

そして、そんな心の傷をほったらかしにして、
…むしろ、傷を増やし続けながら、
人生を歩んでいる人が現代社会には多く存在します。


…私自身も以前は、
自身を癒すであったり、
心の在り方など特に考えずに生きていました。

ただ、22歳〜23歳にかけての
度重なる絶望体験をきっかけに、
精神的な面での自己探求の旅をスタートし、

救われたい一心で夢中で
悟りなどに関する
精神的な本を読み漁るようになり、
 
その結果、
 
”全ての答えは自分の内面にある”
 
”癒しの道は本当の自分へと帰る道”
 
”変えるべきものは外側にはなく
自分の在り方(心の態度)のみ”
 
そして、
 
自分含めた全ての世界への
妥協のない許しこそが真の幸福への道
 
という事に気がつきました。
 
 
 
人間に残された最後の自由というのは、
どんな状況にあっても、
その中で自分の態度を決めることです。
 
 
イエスキリスト、ブッダ、ガンジー、マザーテレサ…
今までの歴史上の偉大な精神マスターが
そうであったように、
 
心の在り方というのは
どれだけ圧力を加えようとも、
誰にも支配できないものなのです。
 


実際、私は今まで自身の心を癒し、
自分自身を大切にするような
”心の在り方”へと変えてくことによって
絶望の人生を満たされたものへと
切り拓いてきました。
 
 
そう、あなたも、
人生を今この瞬間から
いくらでも変えることができるのです。
 

ですので、縁あって当サイトに
訪問してくださったあなたには、
ぜひあの時の私と同じように

「自分の人生に心からイエスと言える!
自分自身と人生を愛している。

と思ってもらいたい。
 
 
…そんなことを思いながら
日々情報発信しています。
 
 

ちなみに当サイトでは、手っ取り早く
大金持ちになる方法などは説いていません。
 
 
また、偽りの約束でスピリチュアルの探索者を
惑わす宣伝や誘いは基本的に信じていません。
 
 
より実感を得られる、
現実的な問題の解決方法を日々発信しています。
 
あなたの心の中にある傷を癒し、
魂の望む心から満たされた人生を
実現してもらうことが、
私にとってのゴールです。
 
 
 
また、当サイト、「Heal your life」は
リリが個人で運営するスピリチュアルサイトであり、
いかなる宗教や団体とも関係ありません。
 

このサイト内のコンテンツは、
全て無料でご覧いただけますので、ご安心ください^^
 

リリとは プロフィール

 

運営者の名前:リリ

職業:心のヒーラー

生年月日:12月13日 熊本生まれ 九州在住

CACR認定エンジェルカードリーダーTMライセンス所持

”Heai your life” ヒール ヨア ライフ(since 2018)

ずっと九州に在住しており、
スロウな自然に囲まれた生活が好きなので、
九州の豊かな自然に囲まれながら、
日々生活しています。


幼い頃から哲学的な思考で生きづらさを感じ続け、
23歳の時、
度重なる絶望体験をしたことを機に、
「自分は無知で未熟だ」と気づいた私は
ヴィクトールEフランクルさんの
ロングセラー書籍「夜と霧」や、
”悟りの世界”に感銘を受け、
(詳しくは後述させてもらっています。)
そこから精神的な事に関する
勉強に没頭していきました。

今現在も、精神世界に関する
学びを得る事が大好きです。

私の人生に革新的な気づきを与えてくれた人たち


イエス・キリスト
ブッダ
エックハルト・トール
ヴィクトール・E・フランクル

アルボムッレ・スマナサーラ
ウィル・ボウエン
ルイーズ・L・ヘイ
アジャシャンティ
ラマナマハリシ
ムージ
パパジ
ガンガジ
ウ・ジョーティカ
ゲイリー・レナード
ケネス・ワープニック
相川圭子
アニータ・ムアジャーニ
ウェイン・ダイアー

etc…


とても全ては書ききれませんが、
以上、記載した方々は特に感銘を受けた、
私の人生を変えてくれたといっても過言ではない、
素晴らしい気づきを与えてくれた人たちです。


精神的な勉強を始めてからというもの、
ほぼ毎日のように本を読んだり
ワークに参加したりしているので、
周囲からは「精神探求オタク」なんて呼ばれてます。笑


(写真上:ハワイに400年伝わる叡智
ホ・オポノポノのマスターワークに参加した時)

こちらのワークでは
インナーチャイルドと会話ができる事を知り…

(写真上:合計25時間以上にわたる
ディマティーニメソッドを受講した時)

こちらのワークでは、
真の赦し(ゆるし)によって、
奇跡が起こる事を知りました。

その他にも、
潜在意識のブロック解放ワークのモノリスワーク
心のあらゆるブロックを癒すピアノヒーリング
感情の強力な浄化ワークであるライタリアン・クリアリング
体外離脱ワークであるヘミシンク
などなど…、
日々、自身の魂の癒しも、
積極的に行なっています。

他にも今まで数百冊以上、
精神的な本を読んできており、
最終的に今、行き着いたと感じているのは
「奇跡講座」です。



上記写真は私に
沢山の気づきと学びを与えてくれた
愛にあふれた本の一部です。

・「奇跡講座 上下巻」ヘレン・シャックマン
・「キリストとブッダが共に生きた生涯」ゲイリー・R・レナード
・「夜と霧」V・Eフランクル 
・「あるがままに」ラマナ・マハリシ
・「バガヴァッド・ギーター」上村勝彦
・「ライフヒーリング」ルイーズ・L・ヘイ 
・「いま目覚めゆくあなたに」マイケル・A・シンガー
・「ポケットの中のダイヤモンド」ガンガジ
・「執着の捨て方」アルボムッレ・スマナサーラ
・「ニューアース」エックハルト・トール
・「自由への道」 アジャシャンティ
・「もう不満は言わない」ウィル・ボウエン 
・「ゆるす」 ウ・ジョーティカ


…などなど、
こうして日々本を読んだり、
ワークや勉強会などに行って
学びを深めています。

感動したり学びになった本などは、
こうしてマーカーや書き込み、付箋をつけたりして、
何度も繰り返し読み、
日々、学びを深めています。

スピリチュアルの世界の探求のきっかけ



私がスピリチュアルな探求を始めたのは、
23歳の時私に訪れた、
度重なる絶望体験がきっかけでした。

ただ、今思えば、私の人生の試練は
本当に幼い頃から始まったように思います。

幼い頃から私の中にあった思い。

それは

「どうして人は死ぬのに生まれるのか?
そこには究極、何の意味が?」

という思いと、

「どうしてこの世界はこんなに残酷なのか?」

という思いでした。

人は必ず死ぬのに、
じゃあなぜ、生まれてくるのだろう。

それに関しての本当の答えって何なのだろうか。

そしてこの地球上ではずっと戦争が起こっている。
どうしてそんな事をしないといけないのか?

そんな途方もない事を
小さい時からずっと考えていました。

心が本質的に繊細だったが故に
世界の悲しみに人一倍共感して苦しみ、
自分自身に対して無力感を感じていました。

それと同時にあった思いが、

この地上のあらゆるものは諸行無常であり、虚しい。

という生まれながらに抱えていた
”諸行無常感”です。

この世界に永遠のものなどなく、
必ず全ては朽ち果てる。

中にはその諸行無常なところが美しい、だからこそ美しい。
という考え方もあるし、それもわかるけど、

私は朽ち果てない永遠のものが知りたい。

そう思っていました。

ただ、このような私の生まれながらの思いに
共感してくれる人には出会うことがなかなかできず、
深い孤独と生きづらさの中、
10代を終えたように思います。

時折、勇気を出して誰かに心を開いて
世界に対して感じる苦しみに関して少し話しても

「まあ、元気だしなって。ポジティブにいこ!ね?」

と、何となく励まされて終わり…。

深い部分での理解者というのは
10代のうちは1人も出会えませんでした。

やがて私は、

「きっと私は変で、
深い部分での共感者には一生出会えない。
孤独な一生なんだ。」

と心を閉ざすように。

そして、そんな変で、
すこぶる繊細で生きづらい自分を
日常的に責めるようにもなっていました。

罪悪感と羞恥心の負のループの日々が
始まっていったのです。

その結果、中学3年生の時には、
いじめにより不登校になり、
不安障害と診断されました。

ただ、両親に強く説得されたため、
高校はなんとか卒業し、
建築の専門学校も卒業し、
2年間大手企業の社員として働いたのですが…。

この期間の私は常に
言いようのない不安と戦いながら
常に生きづらさを抱えていきており、
いつも自分の人生に悩んでしました。

結局、会社員の生活にも耐えられなくなり、
仕事を辞めフリーで働き始めたのですが…

あらゆる試練が自分の元に降りかかり、
24歳の誕生日を迎えた日、
私は絶望の淵に立っていました。
 
 
仕事もプライベートも恋愛も
何1つうまくいかず、全てが”最悪”な状況で、
人生の大きな岐路に立たされていたのです。
 
 
当時、やっていた仕事は苦痛で仕方なく、
でも給料制ではない仕事だったので
やらないと食べていけない、
でもやる気が出なくて自己嫌悪な日々でした。
 
 
また、プライベートでは、
当時、恋人がいたのに常に孤独感に苛まれ
そんな自分が嫌いで自分を攻め続ける日々でした。
 
 
そうして私の孤独や不安は限界に達し
恋人には別れを告げ、
自らはじめたビジネスも半ば自暴自棄になり
他人に頼りっきり依存するという、
悪循環の渦に身を投じてしまうまでに。
 
 
…そうして全ての事柄が悪化の一途を辿り、
奇しくも自分の誕生日に借金を背負う事になるという、
もう本当に最悪な状況だったのです。
 
 
この時は、自分がどこに向かっているのか、
はたまた、どこに向かえばいいのか、
全く検討もつきませんでした。
 
 
当時の私は、自分をいじめ抜くのが癖である、
精神的にも経済的にも依存的な、
”将来成功しそうな人”と思われるような
タイプからは程遠い存在だったのです。
 

…ただ、絶望の中、
何日間もただベッドに横たわり、
とうとう苦しみや悲しみの感情が
極限に達する時がきます。
 
 
「私は誠実な人との穏やかな結婚生活を夢見て来た。
もっとやりがいのある仕事を求めて来た。
なのにどうしてこんなことに?
もう苦しむのはうんざりだ!!」

急にそんな強烈な感情が沸き起こってきました。

 
そして、ふと、自分には
2つの選択肢があることに気がつきました。
 
それは、
 
・今まで通り他人に依存して生きる道
 
・自分を見捨てない覚悟をし、全てリセットし
真の平安に向けて生きていくと決意する道
 
以上の2つでした。
 
 
当時の心身共に疲れ果てた私からしたら、
どちらもイバラの道に思えましたが、
極限まで自分の悲しみに
向き合った私の答えは明白でした。
 
 
「もう苦しむのはうんざりだ。
これからの人生何があっても、
私は決して自分を見捨てない。」
 
 
そう、それは全てを
捨てて後者を選ぶ道。
 
 
ー…そうして全てを失い、
借金の支払いだけが残った当時の私は、
間違いなく今までの自分の生き方を
見直さざるを得ない状況でした…。
 
 
こうして私の自分自身の内面への探求、
スピリットの探求が本格的に始まったのです。
 
 

そこからは、悟りなど精神的な本、
心の在り方について書かれた本を読み漁り、
全国どこでも気になるセッションなどには
可能な限り参加し、自分の心を
根本から変えていくことに専念しました。


そして私は…

中学時代から続いた自身の精神的病を
自身の心の傷に真正面から向き合い癒し、
心の在り方を変える事により克服しました。

現在は、自分の今までの経験を生かして
心のセラピスト、ヒーラー
として活動中です。

※以下の記事にて、さらに詳しく
私がヒーラーになるまでの歩みについて
記載しています。

参考:私の覚醒の道のりが始まった経緯について

以前の私と同じように
あらゆる苦しみを抱えて生きている人が
少しでも楽になってくれたら嬉しいし、
解決策を一緒に見つけていけたらと思っています。

私の精神の父、心理学者
Dr.フランクルから学んだ事


(写真上:ヴィクトール・E・フランクル)

私の最も敬愛する人の1人に
今は亡きDr.フランクルという方がいます。
 
 
 彼は心理学者であると同時に、
1940年に起きた悲劇ホロコーストの被害者…
つまり、アウシュビッツ被収容者でした。
 
 
Dr.フランクルが心理学者として、
収容所内での人間を冷静に観察し、
執筆した書「夜と霧」は、
世界的なロングセラー本であり、
未だにたくさんの人に感動と勇気を与えてくれています。  
 
 
この書は私の人生にも
多大な影響を及ぼしました。
 
 
「10年に1度、人生を変える本に出会えたものは幸福だ。」
 
という言葉を耳にしたことがありますが、
この本は間違いなく私の人生を変えてくれた1冊です。
 
 
「夜と霧」の一節に、
3年もの間収容所に収容され瀕死になりながらも
 
「それでも(自分の)人生にイエスと言おう。」
 
と収容所仲間の皆で歌っていた。
 
というエピソードがあります。
 
 
このエピソードを目にした時の私の衝撃はものすごく、
涙が次々と溢れ出てきて、止まりませんでした。
 
 
その屈強で高尚な精神に、
”そして彼らの素晴らしい心の在り方”に 
強い感動を覚え、一人部屋の中で泣きじゃくり
拭ったタオルがびしょびしょに
なってしまったのを覚えています。
 
 
そして、
 
「私も心から自分の人生にイエスと言おう。
そう思える心の在り方である人間になろう。」
 
心の底からそう思った瞬間でもありました。
 
 
 
そして、何よりも、
私がスピリチュアルを追求していく中で
自らのあらゆる病を克服した経験を生かし、
1人でも多くの人が悩みや恐れから解放されたり、
 
「自分は自分でよかった!」
 
と心から言えるようなそんな在り方、
幸福で満たされた人生を送る手助けができれば、
と活動しています。
 

ヒーラーって?どんなお仕事?

 
私はいつも、誰かに職業を聞かれた時、
 
「心のヒーラー、セラピストです。」
 
と答えていますが、

「ヒーラー、セラピスト」とはなんぞや?

とお思いになる方も多いと思います。

 

私の仕事内容をざっくり言ってしまえば、

自分の経験を通して得た
精神的な学びや気づきによって、
人々の悩みや苦しみに寄り添い
癒やしていく。

というお仕事です。
 
 
言い方を変えれば、
カウンセリングとも呼べるお仕事ですし、
自己肯定感を高める手助けだったり、
自分の使命を見つける
手助けなどもやっています。


じゃあ、具体的に
どんなお仕事をしているかというと、
 
・人生が苦しいと感じている人の心のヒーリング
 
・悩み・相談事・トラウマに関する対話ヒーリング
 
・自己肯定感が低い人の肯定感をあげるお手伝い

・自分の使命や天職を探すお手伝い

・オラクルカードリーディング
 

以上のような活動を
主に行なっています。
 
 

実際のセッションってどんな感じ?

 
実際のセラピー、ヒーリング内容が
どんなものなのかというと、
 
対話形式の場合もカードリーディングの場合も、
まずは、何よりも
ご相談者様のお悩み、ご相談内容を
じっくり傾聴させていただきます。
 

心のお悩みの
ご相談内容の制限はありません。


話したいことは
全て話していただいて構いません。


なるべくご相談者様の気持ちに寄り添って、
傾聴させていただきます。
 
 
そして、時折、
私がいくつかご質問をさせていただきながら、
日頃、どんな思考パターンで過ごしているのか、
どういった事で苦しんでいるのか、
悩んでいるのかを伺っていきます。
 

ご相談者の悩みの本質部分が何なのかを解明し、
それを改善するには
どうすればいいか提案することもありますし、
苦しみに寄り添って、
癒しに専念することもあります。
 
 
ご相談者様の希望に沿って、
常にその方に合った方法で、
改善策や解決方法へと導かせて頂きます。
 
たまに、
 
「セラピスト、ヒーラーって心が読めるの?」
 
というご質問をいただきますが、
私は心を透視する能力はありません。笑
 
 
それができたら、
ヒーラーとしては
最高なのかもしれませんが…。笑
 
 
ただ、だからこそ、ご相談者様のお話を
じっくり”傾聴”させていただきます。
 
 
ヒーラー・セラピストは、
心を透視するのではなく、
 
ご相談者様のお話をじっくり聞いて
その方の気持ちに限りなく寄り添うことによって、
少しでも心の負荷を減らしたり、
よりご自身が満たされる人生へと導くお仕事です。
 
 

心のヒーリング、セラピストのお仕事は、
長年に渡って経験した度重なる絶望を経て、
真の愛を体感し、物事に関する一切の偏見を捨てた今、
私の天職だと感じています^^
 
 
 

ちなみに…
私の初めてのお客様は
「自分の母」でした。

私が自分が好きで学んでいる事を
ただなんとなく母に伝えていたら、
母がとても感謝してくれ、
母の現実がみるみるうちに良くなっていったのです。

持病持ちの母なんですが、
どんどん状況が好転していき、
自分にぴったりの職場を見つけて、
そこでの業績が日本一になったり、
なぜか周りの人たちの性格がどんどん良くなったりと、

「まるで魔法にかかったようだ。 」

と母は言ってくれました。

その時、私は何十年ぶりかに
自分を褒めたくなりました。

そして、

「私が本当にやりたい事はこれだ。 」

そう思い、現在に至ります。

私自身、今まで
様々なのスピリチュアルな体験をしてきて、
沢山の学びや気づきがありました。

なのでもし、
今現状に不満があったり、
自分をいじめてしまっていて、
「どう改善していけばよいかわからない…」
と言う方たちには
ぜひシェアしたい内容がたくさんあります^^

 

絶望経験を経てついた、ワンネスへと帰る決意。

 

22歳〜23歳にかけて、
あらゆる試練が襲い掛かり、
絶望を感じ抜いた後、
私は1つの決意と覚悟を決めました。

「これから、私は決して自分を見捨てない。 
責任を持って自分を幸せにする。」 

こう決意し、
その人生を送る覚悟を決めたのです。

そこからの私の心は、
驚くほど雑念が減り、静かでした。

この時の私は世間一般的な目で見たら、

恋人も仕事もお金も全て失い、 
借金の支払いだけが残る

というかなり絶望的な状況でしたが、
度重なる絶望を体験後、
自立の覚悟をした私の心は
非常に穏やかなものだったんです。

そして私はこの時、

自分を見捨てなければ、
人生においての”苦しみ”や”不安”は
最高の学びを与えてくれる。 

ということを確信したのです。

 

今までの私の人生の全ての苦しみに対して
感謝できた瞬間でした。


その体験はまさに、
Dr.フランクルの言葉を借りるなら、

「それでも自分の人生に
心からイエスと言おう。」

という瞬間でした。


今では、あの絶望体験があって
本当によかったと心から思います。


あの経験があったからこそ
今の仕事ができていますし、
自分の人生もそれまでとは驚くほど違う
穏やかな満たされたものへと変わったからです。


あの絶望体験とその中での学びは、
私に人生で本当に大切なことを教えてくれる
非常にありがたい教師だったからです。


日本の格言の中に、


幸せはよく、不幸という帽子を被ってやってくる

という言葉がありますよね。

私の長年に渡る苦悩体験は、
まさにこの通りの体験でした。

そうした経験を経た今、
私が生涯を通して目指すゴールは

非二元の世界、
ワンネス(悟り)へと帰ること

です。


奇跡のコースに出会い、
悟りとは
非二元的な世界であり
正も悪も闇もない
光のみの神のみの境地。

それこそが、
人類の真の自由であり、
真の幸福への道だと、
そう確信しています。

ただ、もちろん、今でも
恐れを感じることは沢山あるし、(むしろ多い方かも笑)
弱気になることもありますが、
そんな自分もまた許し、認めてあげて、
日々、自分自身を癒すことを
何より大切にしています。

そして私のそんな悟りの探求のプロセスが
少しでもあなたのお力になれば幸いですし、
あなたのこともまた、
真の自由と平安の道へと導けたら嬉しいと
そう感じています。


…そして最後に。

もし、今、
苦しんでいたり絶望の中にいる方は、
決してそれは無駄にはならないという事を
心から伝えたいです。


その逆境の中の経験こそが人生の
素晴らしい肥やしになるという事を。


私はこうして縁あって出会ったあなたを、
いつでも応援しています。

 
 リリと 一緒に心の在り方を変えることによって、
 
「自分の人生に心から
イエスと言える満たされた人生」
 
を送りましょう。
 
 
 
自由な愛を体現した本当の自分に帰り、
天国を生きましょう。
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
 
 
あなたが今日、
こうして私のサイトに訪れてくださったことを
心から感謝します^^
 
 
愛を込めて。
 
 
 
リリ
 
【特典付】人生好転の為の在り方メール講座(無料)


こちらの無料メルマガでは

心の在り方の変革によって人生を好転させる方法

自分の内面の具体的な磨き方、
精神世界の真実など、
人生が”直接的に好転するような”
スピリチュアルな情報を 日々、配信しています^^


また、現在はご登録特典として、

人生を好転させるために重要な心がけ、
心が愛で満たされるハートフル実話、
全て実話の本当にあった引き寄せEP集
世界の賢人の珠玉の教え動画、

などに関して、
余すことなくシェアしている
読者限定サイト「幸福の図書館」にも
ご招待しています^^

この「幸福の図書館」では、
計60000文字ほどの文章コンテンツに加え、
7つの映像コンテンツをプレゼントしています。

ご登録直後に届くメール上で
こちらのプレゼントを
全てお受け取りください。


「幸福の図書館」に入館し、講座を学ぶ。

お名前
メールアドレス

※いただいた個人情報はプライバシーとして
保護させていただきますので、ご安心ください。

関連記事

わたしについて。2 ヒーラーになるまでの歩み

私の好きな物たち… 自分の好きなものを集めて人生に喜びを

ヒーラー・心のセラピストって?怪しいの?その実態とは。

〜紆余曲折リリの悟りへの歩み まとめ〜

幼い時から常に抱えていたこの世界への”諸行無常感”を超えて。

わたしについて。1 ヒーラーになるまでの歩み