悟りに関して

[非二元] インドの聖者パパジが普通のおじさんだったお話。悟り ノンデュアリティ

 
こんにちは。
 
リリです。
 
 
先日、
 
 
という記事を書きました。
 
 
その際にお世話になった、
覚者のアルーナさんと談話する機会があって、
その時にお話した内容が
とても面白かった&素晴らしい気づきとなったので、
今回シェアさせていただきます^^
 
 
大好きな覚者、パパジに関する
 
「パパジは普通のおじさんだった」
 
というお話です。笑
 
 

パパジのサットサンで起こった面白いできごと

 
アルーナさんがパパジのサットサンに訪れたのは
1993年のこと。
 
 
 
1993年は”私”が生まれた年でもあるので、
少し親近感を覚えたのですが、
その1993年に彼女は5週間近く、
パパジのサットサンに参加していました。
 
アルーナさんの本「覚醒の道」では、
その時の特に重要な部分だけが書かれていたのですが、
今回アルーナさん談話する中で、
本では描かれていない部分を知ることができました^^
 
 
私がアルーナさんに
 
「パパジは普通でしたか?」
 
という風な問いかけをした時のことです。
 
 
アルーナさんが
 
「ええ、とても普通でした。

彼は元軍人だし、孫もいる普通のおじいちゃん。
 
彼はスポーツが好きで
その中でもクリケットがとても好きだったんだけど、
ある日のサットサンで、
「とても大切なクリケットの試合があるから」と
パパジはサットサンにテレビを持ち込んで皆で見たの。
 
私はクリケットがよくわからなかったから、
ただ見ていたけれど。笑」
 
とお話してくれたんです。
 
 
私はそれを聞いて爆笑。
 
「パパジのサットサンゆるいな〜!!!」
 
と思わず吹き出してしまったんです。笑
 
 
アルーナさんは本の中でも、
 
「パパジは一切、自分が特別な存在として
振る舞うのではなく、
とても普通な感じで自然体で
偉ぶるところも一切なかった。」
 
という風なことが書かれていましたが、
まさにこのエピソードは、
パパジが普通のおじいさんであったことを
感じさせるエピソードです。
 
 
そんな普通のおじいさんが
多くの人を覚醒へと導くのだから、本当に面白い。
 
 
私はパパジが肉体としてあった時、
まだ、とても小さい年齢で、
彼と地上で直接会うことはできませんが、
彼の恩寵は動画からも伝わります。
 
 
それは確かに、
純朴な優しいエネルギーで、
彼の語る真理は誰にでもわかるような
優しい言葉で語られており、
とても安らぐのです。
 
 
それはパパジがどこまでも、
自然体でかついい意味で
”普通”だったからかもしれません^^
 
 

アルーナさんもまた、自然体で普通だった。

 
そして、そんなパパジから覚醒し
悟ったアルーナさんもまた、
良い意味でとても”普通”でした。
 
 
一緒にランチを食べたり、
一緒に電車に乗ったりしたのですが、
アルーナさんはご自分のリュックもご自身でからい、
10年間使い続けている靴を履いて、
一緒に電車に乗って、
本当に”普通”だったんです。
 
 
彼女の笑顔はとても優しく、
溶けていくような笑顔でしたが、
決してご自分が”グル”として特別な存在である、
というような振る舞いは
最後までありませんでした。
 
 
本当にどこまでも自然体、だったんです。
 
 
なので私は
アルーナさんが話してくれたパパジの話、
またアルーナさんのそんな在り方をみて、
覚醒・悟りは魔法のようなもの特別なものでもなく、
あるがまま、なんだなと改めて気づいたのです^^
 
 
だから、キリストもブッダもきっと、
時には色々な感情が起こる、
ありのままの自然体な方々
だったんじゃないかと思います^^
 
 
私自身、覚醒を体験して、
 
「それは在る」
 
「それは全てで在り、
それには誰もいない。」
 
という真理・スペースを知りましたが、
別に普通です。笑
 
 
色々な感情は起こるし、
でもその中でくつろぐようになる。
 
スペース(真我)として生きていく。
 
こんな感じで、
覚醒は魔法でもなんでもありません。
 
 
超能力なども別にないし、
もし仮に超能力があったとしても
それはやがては消え失せるもの。
 
そこに本質的な意味はなく、
在るのは、ただ1つ、非二元のスペース。
 
そこには分離した能力は何も必要ないし、
そもそもないのです。
 
 
本当に
 
ただ、それは在る。
 
という言葉がぴったりでした。
 
 
というわけで、
アルーナさんに素敵なエピソードを
聞けてハッピーでした^^
 
 
ラマナ・マハルシ、
パパジ、
ムージ、
アルーナさん
 
本当に本当にありがとう。
 
 
感謝が止まりません。
 
 
ありがとう。
 
 
最後に…
 
パパジの写真がアレンジされたクリケットのイラスト。

エゴがパパジのバットによって
投げ飛ばされています。笑
 
誰ですか!
こんな面白いセンスのある事をした人は!笑笑
 
最高に笑いました^^
 
 
ありがとう。
 
 
愛を込めて。
 
 
 
リリ